LP-S4250/エプソン

LP-S4250/エプソンの画像

印刷スピード・給紙能力が進化したプリンター

LP−S4250は、高速印刷スピードと高い給紙能力を進化させたモノクロプリンターです。

大量のプリントもストレスなく行え、2.3キロワットアワーというエネルギーの司会最新基準をクリアするほどの低消費電力を誇ります。

解像度は、1200ドットパーインチで、細かな図面なども鮮やかなプリントを実現。

ネットワークに対応しているので、多数のパソコンとの共有プリントも可能でオフィスに最適の1台と言えます。

1分あたり45枚という脅威の印刷スピード

1分間あたりに約45枚ものプリントアウトを行う、脅威のプリントスピードを誇ります。

標準で1ギガバイトのメモリーを搭載し、印刷データーのキャッシングを行うため、パソコンからの印刷命令を出してから、瞬時でパソコンは印刷作業から解放され、業務効率を大幅に改善します。

また、複数のパソコンから同時に印刷命令がきたとしても、メモリへのキャッシングにてパソコンを待たせることはありません。プリント町からのストレスから解放されます。

給紙の容量も標準で650枚もあるため、一度の大量印刷にも十分耐えることができます。
オプションの給紙ユニットを使用すれば、最大、2860枚までの紙をセットできます。

オフィスには嬉しい低コスト

ランニングコストがリーズナブルであることも特徴です。

A4サイズの出力であれば、一枚あたりのランニングコストは約2.9円と劇的な安さです。

また、稼働時とスタンバイ時を含めたトータルの消費電力を示す、「TEC値」は、2.3キロワットアワーを実現しています。

特にスタンバイ時には、ディープスリープというエプソン独自のモードが用意されていて、その時の消費電力は0.9ワットと極限まで消費電力を落とす機能が盛り込まれています。

また、曜日ごとに節電自動設定などが行え、休日設定なども可能なので、計画的な節電も可能です。

  • 発売日  /  2015年1月
  • 希望小売価格  /  オープン価格
  • 基本機能  /  プリンター
  • 最大用紙サイズ  /  A3
  • 印刷(プリント)速度  /  45枚/分
  • ランニングコスト  /  2.9円/枚
  • 耐久枚数  /  150万ページまたは5年
  • 対応OS  /  Windows、Mac OS

まとめ

エプソンの中でもトップクラスのランニングコストの安さを実現したモノクロプリンターです。

1枚あたりのプリント価格は約2.9円、消費電力はTEC値2.3キロワットアワーを誇ります。

また、もう一つの特徴は、大量の高速印刷が行えることです。
1分あたり45枚の高速印刷が可能で、大容量メモリーを搭載しているのでデーターのバッファリングにより、パソコン作業での印刷待ちのストレスからも解放されます。

関連記事

ページ上部へ戻る