PX-S7050F/エプソン

PX-S7050F/エプソンの画像

忙しいビジネスの現場ほど力を発揮できる

PX-S7050Fはを有線/無線LANインターフェイスを標準装備しており、LANコードを用いなくても不特定多数の媒体から一台のプリンターを共有して利用する事ができます。高い耐久性も備わっており、高頻度での稼働が必要とされるビジネスの現場ではいかんなく力を発揮します。最大1,831枚/6WAY給紙と大容量給紙が可能な事により高い生産性も実現されており、大量プリントが必要な場面でそのポテンシャルが活かされます。

手軽に無線LANを設定でき、どこからでも共有できる

有線/無線LANインターフェイスを標準装備しているので、オフィス内のどこからでもプリンターを共有する事が可能です。無線LANで構築した場合は、コード類を使う必要がなくなるので、オフィスのレイアウトもすっきりになります。手間がかかって難しいというイメージがある無線の設定はWi-Fi Protected Setupなどに対応しているので簡単かつ手軽に設定ができます。
またパソコンをはじめ、スマートフォンやタブレット端末などからの操作でもプリントが可能となっています。さらにあらかじめプリンターを設定しておけば、外に出かけていてもスマートフォンからプリントする事もできます。

高画質印刷や高いセキュリティー性を実現

ウォーミングアップタイムが短く、最初の一枚から約7秒での高速印刷を実現しています。印刷の画質では「PrecisionCore インクジェット方式」という新しい技術を用いたドライバーヘッドによって普通紙の場合、600dpiと高画質な印刷が可能です。
そのため、細かい文字や線などが美しく鮮明に再現できます。
また印刷ジョブにパスワードを設定できるので、不特定多数でプリンターを共有する環境下でも出力のセキュリティーが高められ、しっかりとした情報管理が行えます。さらに透かし印刷も可能で、原紙かコピーかを一目で見分ける事が可能で、コピーによる不正利用を防ぐ効果もあります。

  • 発売日  /  2015年
  • 希望小売価格  /  オープン価格
  • 基本機能  /  プリンター
  • 最大用紙サイズ  /  A3ノビ
  • 印刷(プリント)速度  /  カラー:約24ipm / モノクロ:約24ipm
  • ランニングコスト  /  カラー:約6.1円/枚、 モノクロ:約1.8円/枚
  • 耐久枚数  /  30万ページ
  • 対応OS  /  Windows、Windows Server、Mac OS

まとめ

本機は高画質印刷を実現している事で文字などの鮮明かつクリアとなっています。また一枚印刷するのにかかるコストも抑えられており、ビジネスの世界では必要な低ランニングコストも実現しています。
またインクカートリッジの交換も無くなった色だけを交換できるように色ごとに分けられた独立カートリッジを採用しているので容易に交換が行えるようになっています。

関連記事

ページ上部へ戻る