PIXUS iP8730/キヤノン

PIXUS iP8730/キヤノンの画像

A3ノビまで対応している解像度も高いプリンター

PIXUS iP8730はA3ノビまで対応しているインクジェット型のプリンターです。業界最小のインク適のサイズである1ピコリットル、そして、解像度9600dpiを誇っており、A3ノビの様に大きく伸ばして印刷を行っても、高解像な写真を印刷する事が出来る様になっています。
染料顔料両方のインクを使っているということもあり、写真はもちろん、文書印刷も行うことが出来るので、様々な場面でオールマイティに活躍する1台となっています。

PIXUS iP8730は背面給紙で便利

プリンターには大きく、前面給紙と背面給紙の2つの手法がありますが、このPIXUS iP8730では背面給紙を採用しています。
前面給紙の場合、ほこりなどをかぶせずに用紙を収納しておけるというメリットがある一方、写真用紙などを印刷する場合、紙をそらして給紙していくので重送が起こりやすかったり、紙詰まりが起こりやすい、あるいは厚手の紙が給紙できないなどというデメリットがあります。
背面給紙の場合、ストレートに紙を給紙することが出来るので、重送も起こりづらく、厚手の紙にも対応が出来ます。
様々な形式の用紙を利用したり、メンテナンスに時間をかけたくないという様なビジネスの場では活用がしやすいといえます。

文字はクッキリ、写真は鮮やかに印刷出来ます

PIXUS iP8730は6色のハイブリッドインクを採用しています。
ハイブリッドインクと言うのは染料と顔料のインクを利用しているという意味で、写真印刷に強い染料インクと文字がにじまずにクッキリ印刷する事が出来る顔料インク両方が搭載されています。
ビジネスシーンにおいては文書が多くなる傾向にありますが、中には文書の中に画像を埋め込んだものがあったり、写真を印刷したりなどという場面も多くあります。その様なシーンにおいて、バランス良く利用が行えるといえます。特にDMなど宛名印刷をする様な場合には宛名をクッキリ、通信面はカラフルに印刷する事が出来るので、非常に効果的な販促策に繋げられるといえます。

  • 発売日  /  2014年2月13日
  • 希望小売価格  /  オープン価格
  • 基本機能  /  プリンター
  • 最大用紙サイズ  /  A3ノビ
  • 印刷(プリント)速度  /  モノクロ14.5枚/分、カラー10.8枚/分
  • ランニングコスト  /  約8.6円
  • 耐久枚数  /  記載なし
  • 対応OS  /  windows、Mac

まとめ

PIXUS iP8730は写真も文字も両方綺麗に印刷する事が出来るインク構成となっているので、プリントのクオリティはとても高いものがあります。
また、背面給紙を採用しているので、A3ノビや厚手の紙など様々な用紙サイズにも対応が可能です。
まさに、クオリティと実用性の両方を兼ね備えたバランスの良い1台であると言えます。

関連記事

ページ上部へ戻る