DocuPrint C5000 d/富士ゼロックス

DocuPrint C5000 d/富士ゼロックスの画像

あらゆるビジネスシーンで活躍できる高機能プリンター

「DocuPrint C5000 d」はカラーで50枚/分、モノクロで55枚/分という高速連続プリントが可能です。電源を入れてから、印刷ができる状態になるまでの時間は17秒以下となっており、スピーディで使いやすいプリンターとなっています。またスリープモードになっている状態から再び印刷できる状態になるまでの時間は15秒以下を実現しています。またトナーの使用量を抑制できる機能も付いていて、個々の使用目的に応じてコストの節約ができます。

大容量の給紙トレイで快適なプリント作業が可能

当製品の給紙容量は標準と手差しトレイを合わせると660枚の給紙が可能です。また用途などに合わせて1段あるいは3段のトレイモジュールを選ぶ事もできます。さらに2300枚収容できる給紙トレイも付いており、最大で4640枚もの給紙容量を実現してます。
そのため、用紙を補給する手間が省け快適なプリント作業ができます。当製品はカラートナーがなくなってもモノクロ印刷ができるようになっています。カラートナーがなくなるとモノクロのトナーに切り替わり継続して稼働する事もできます。また異なるサイズの原稿をプリントする時、すべての原稿を同じ向き出力する事もできるのでミスプリントを抑制でき、用紙の無駄使いも減らせます。

小さな文字でもクリアに見える高品質なプリントを実現

当製品ではプリントヘッドにLEDを用いてイメージを描画しています。「DELCIS」という富士ゼロックスが独自に開発したLED露光制御技術により、1200×2400 dpiという高画質かつ高品質なプリントを実現しています。
またプリントヘッドを小型で軽量化する事により、高画質なプリントができるうえ、省エネにも貢献できるようになっています。当製品は出力スピードを落とさずに高画質なプリントができ、小さな文字でも細かな曲線をしっかりと再現できるので、クリアな画像を求めている方にも納得できる品質の良さがあります。

  • 発売日  /  2011年6月27日
  • 希望小売価格  /  428,000円
  • 基本機能  /  プリンター
  • 最大用紙サイズ  /  A3
  • 印刷(プリント)速度  /  カラー50枚/分、モノクロ55枚/分
  • ランニングコスト  /  Aモノクロ2.6円/枚、カラー11.2円/枚
  • 耐久枚数  /  150万枚
  • 対応OS  /  Windows、Windows Server、Mac OS

まとめ

「DocuPrint C5000 d」は最大4640枚の給紙容量があり、用紙を補給する回数を減らせる事ができるため、快適なプリント環境が実現可能となっています。1200×2400 dpiという高画質かつ高品質なプリントも可能で、クリアで高画質にこだわっている人でも満足できる品質となっています。
また高速な連続プリントを実現しており、あらゆるビジネスシーンで活躍ができます。さらにトナーの使用量を抑制できる機能も付いていて、ランニングコストの節約にも配慮された製品となっています。

関連記事

ページ上部へ戻る